・[ホーム]>[FAQ(よくあるご質問)]

FAQ(よくあるご質問)

ノートパソコン用ラクームに関して

質問(Q) どんなパソコンでも取り付けできますか
答(A) レッツノート(松下製)のような前面にDVDドライブがあるとパソコンを固定するフックが付けられないのですが、それ以外は取付け可能です。また液晶テレビ(13インチ程度)も取り付け可能です。
質問(Q) アームのバランスは変わりませんか
答(A) アームの中にはガスダンパーが入っています。このガスダンパーは周辺温度に左右され、夏、冬ではバランスが変わります。そのためパソコンの裏に取り付けるウェイトでバランス調整ができるようになっています。例えばアームをなるべく上まで上げたい場合はウェイトを減らし、下げるほうを軽くしたい場合はウェイトを増やすなど調整が可能となっています。
質問(Q) 取り付け工事はしていただけるのでしょうか。どのような工事になりますか
答(A)取り付け工事、パソコン配線工事、バランス調整すべてを行いなす。
  工事内容は部屋を養生してスタンド、アームを組み立てレベル調整します。
  その後スタンドをベッド、柱、壁などに金具で固定します。あとはパソコンを取り付け、パソコン電源の配線工事をし、バランス調整をして終了です。取り付け時間は2〜3時間です。
質問(Q) 注文してから設置されるまでどれぐらいの時間がかかりますか(納期)
答(A) 納期は1ヶ月です。アームスタンドがそれぞれ異なりますのでスタンド加工で約2週間、パソコン取付け部加工、アーム組み立てで約1週間、動作テスト、調整で1週間となっていますがもう少し早く完成する場合もあります。
質問(Q) パソコンを使う場合アームが動いたりしませんか。
答(A) 寝た状態でアームを使う場合、パソコンの位置はおへそから少し上ぐらいになります。そしてパソコンを体に密着させるのでパソコンはキーをたたいてもアームは動きません。腕もベッドに置いた状態になるので楽です。
  起きた状態でも膝に置いたり、サイドテーブルに密着させるとアームは動きません。中に浮いた状態だと当然アームは動きますし腕もだるくなります。

助成や支援費制度などに関して

質問(Q) ラクームは何かの助成の対象になっていますか
答(A)京都府、市では障害者情報バリアフリー化支援事業の助成対象になることを確認しました。
  他府県では対象になるかならないかは半々の状態ですので確認が必要です。
  くわしくは(公的助成などの情報)をご覧ください。
質問(Q) 障害者情報バリアフリー支援事業とはどんな事業ですか
答(A) 障害のある人に情報バリアフリー化を推進するため、障害のある人が情報機器(パソコン)を使用するにあたり、通常の機器のほかに周辺機器やソフトを追加する必要がある場合に、これらの周辺機器やソフト等の購入に要する費用の一部が給付されます。給付額は購入に直接要した費用(税込み)の2/3以内とし、10万円を限度とします。
ただし、この事業は2006年10月から身体障害者日常生活用具給付事業に組み入られますので、項目、給付額に変更があると思われます。
質問(Q) 給付の対象とならない場合はどうなるのでしょうか
答(A) 現在のところは全額個人負担となっております。販売量を増やしできるだけ価格を抑える努力をしていきたいとおもいます。